2018年06月20日

小学生 家庭学習 国語 宿題 漢字ドリル

漢字ドリルの宿題がある時、
「ていねいに書いてね。」
「よく見て書いてね。」
「まねして書いてね。」と言っていませんか。
漢字を書くことが苦手な子は
ていねいに書く、よく見て書く、まねして書くというこが
何をしたらよいか分かっていない子が多いようです。

例えば、時計の計を書く時
言べんの最初の点の始まりは
上からどのくらい離れて、左からどのくらい離れたところから書き始め
どのくらいの長さにするか。
次の横棒も、上からどのくらい離れ、左からどのくらい離れたころから
書き始め、どのくらいの長さにするか。
その次の横棒も同様に確認する。
そして、三本の横棒の離れ具合を確認する。
口を書く時も、最初の縦棒も書き始めを確認し、大きさを確認する。
右側の十を書く時も、
横棒が言べんのどのくらいの高さのところから書き始め、
どのくらいの長さ書くのか。
縦棒も同様に、言ベンと比べてどのくらいの高さから、
右からどのくらい離して、
どのくらいの長さ書くかを確認する。

手本をよ~くみながら一緒に確認しながら一文字書いたら、
今までよりう~とお手本に近い字が書けますよ。
ここで、是非褒めてあげて下さい。
一緒に確認しているお母さんも大変ですが、
書いている子どもも大変です。
そして、すかさず「今みたいにもういっこ書いてみよう。」
同じ字を書くよう促してみましょう。

こんなことは1ページ全部なんてできません。
最初は画数の少な目の漢字をいくつか選んでやってみませんか。

しばらくするときっと一人でもていねいに書くようになります。
学校の先生や友達から褒められたりして
自信がついてくるからでしょうか。

でも、油断せずに時々はのぞいて、ていねいに書いた文字を褒めてあげてください。
また、画数の多い字は一緒に確認しながらやってみて下さい。
  


Posted by あっこさん at 23:27 │コメントをする・見る(0)

2018年06月15日

小学生 家庭学習 国語 宿題 音読のお供

子どもさんが音読の宿題をする時、
家事をしながら、きいていませんか。
是非、教科書の文を見ながら聞いてみて下さい。
「て、に、を、は」の読み間違い、読み飛ばし
漢字の読み間違い
時には、「?????」と思うような
すんばらしい作文にお目にかかることもありますよ。

正確に文章を読むことは、
正確な情報を手に入れることです。

子どもさんが正確に文章を読むように
音読のお供をお勧めします。
  


Posted by あっこさん at 23:15 │コメントをする・見る(0)

2017年10月14日

勉強しながら生きていく力をつけよう。【オカダ塾】

勉強は目的ではなくて道具です。
先ずはご飯を食べていくため。
そして人生を豊かにするため。

仕事に就くためには基礎学力が必要です。
一般的には学力は高いほうが選択肢は多くなります。
単に成績が良いのではありません。
世の中渡っていく力を支えるもです。

情報を得て、理解し考える。「思考力」
そして、行動を決める。「判断力」
自分の考えを人に伝える。「表現力」
思考力、判断力、表現力を下支えするものも
学力です。

例えば、数学の文章題。
解き方のパターンを覚えて、数字を拾って解く。
楽だけれど考える力は伸びません。
余裕のないテスト直前ではしかたないね。
でも、最初からこれではもったいないね。

オカダ塾では、先ず自分で文を読みます。

解けそうな人はそのまま進んでいきます。
様子を見ていて、うまくいかない時は、音読をします。
音読をすると、読み間違えや読み落としなどに気付いたりできます。
しっかり読んでいて進めない時はヒントを出します。
様子を見ながらちょっとしたヒントだったり、おまけのヒントだったり。
調子のいい日や学力が伸びだしている時は小ヒントでOK。
疲れていたり、気分の良くない日はおまけの中ヒント。

読んでもよく解んな~い人は私の音読を聞いて、
その後内容について私が質問をします。
ただの質問ではありません。
中ヒントにつながるような質問です。
図式化したり、例をあげたり、大ヒント出したり。

読んでもチンプンカンプンの人。
何度か音読をします。
文をブチブチにきって、説明したり
大ヒントをだしたりしながら、解き進みます。
時には、出血大サービスのようなヒントもあり。

それぞれの学力にあわせ、
その時々の調子に合わせて解いていきます。
自分の脳ミソをフル回転させて解く。「思考力」
どうしても手に負えないと思った時。「判断力」
質問する。
または「わっかりませ~ん。」と言う。「表現力」

勉強をしながら生きていく力をつける。
【オカダ塾】の目指すところです。




  


Posted by あっこさん at 17:15 │コメントをする・見る(0)生活

2017年09月24日

明日の代休に勉強する人へのおお薦め(英語)

中1
三単現のSが出てきます。
一般動詞にSがつく場合です。
疑問文・否定文の作り方も少し変わります。
今までの疑問文・否定文を復習しておこう。
一般動詞のスペルの確認もお薦め。

中2
助動詞がかたまって出てきます。
canは一年で習った助動詞です。
canの疑問文・否定文を復習しておこう。

中3
新しい不定詞の使い方が出てきます。
中2で習った不定詞を復習しておこう。  


2017年09月24日

計算が得意な人のためのもう少し楽ができる計算 1

円錐P : 底面の半径4、高さ10
半球Q : 半径4

Pの体積はQの体積の何倍かを求める。




同じ色どうしで約分しています。

約分が期待できる時は
掛け算はせずに分数にして
そして約分
  


Posted by あっこさん at 19:06 │コメントをする・見る(0)中2の数学中3の数学

2017年09月24日

祭りのあとは・・・・

体育大会どうだったかな?
燃えた人は寂しいかな?
秋だしね。
ただただ疲れた人は
今日、明日は寝よう!
ふん、と思っている人は何かやろう!
ゲームやるとか、
読みたかった漫画読むとか。
勉強やってもいいよ。

中3の人は今日明日で
先ず、疲れを取ろう。
寝てもいいし、ぼーっとしててもOK。
この二日間で気分転換をしよう。
中間テスト時の提出物に手がついていない人は
火曜日からすぐに始めよう。
ある程度やってある人は
成績を上げたいと思っている科目の準備を始めよう。

中3の二学期は落とすわけにはいかない。
心して迎え撃とう。

  


Posted by あっこさん at 17:51 │コメントをする・見る(0)生活

2017年09月18日

中2の皆さ~ん、間違えた問題は学力アップの特効薬

岡学の答案がかえってきていると思います。
答案用紙どうしましたか。
丸めてゴミ箱にポイッ。
ファイルにス~ッ。
記憶の彼方に・・・。

もったいな~い。
答案用紙は宝箱です。
それもあなた専用の。

間違えた問題は学力アップの特効薬です。
できるようにすれば確実に学力アップです。

少しだけ間違えた人。
ここが踏ん張りどころです。
きっちりできるようにしてしまおう。
できれば類題も解いておくといいね。

結構間違えた人。
やり直す問題を選ぼう。
少し考えたら解ける問題。
「あっそうか。」と思う問題。
こんな問題を拾っておこう。
欲張らない。

いっぱ~い間違えちゃった人。
数学は大問1を全問正解にしよう。
英語は大問4(1)の単語を覚えよう。
意味が分からない時は教科書で調べる。
教科書の後ろにword listがあります。

体育大会の練習で疲れがたまっていると思います。
隙間時間を使おう。
要領良く勉強を進めよう。

少しでも多く寝よう。
一分一秒を惜しんで寝よう。
睡眠は大切です。
  


Posted by あっこさん at 23:35 │コメントをする・見る(0)中2の数学中2の英語

2017年09月11日

寸暇を惜しんで、睡眠時間を確保しよう

夏休みが終わり、11日。
連日の体育大会の練習の疲れもたまってきたころかなと思います。
この時季、夏の疲れも出る頃です。

グダグダしているなら、寝よう。
ボーっとしているなら、寝よう。
スマホなんか、ペロペロさわっているばやいではないです。

夕食前の20分、
入浴後の20分、
いつでもOK。
隙間時間を使って、中間テスト時の
提出物を進めよう。
学校のペースに何とかついていこう。

そして、暇がなくても寝よう。
時間をかき集めて寝よう。

特に中3.
体調管理は大切な受験対策の一つです。
この時季うまく疲れをやり過ごし
10月以降ひどい風邪などひかないように。

寸暇を惜しんで寝よう。
変な日本語だけど。


  


Posted by あっこさん at 21:39 │コメントをする・見る(0)生活

2017年09月01日

中2 岡学対策 英語・数学

英語 文法の復習をしよう

  1) 教科書の基本文を確認しながら
1学期にやった問題集の間違った問題をやり直そう。
     不定詞
     過去形、過去進行形
     未来形(be goint to + 動詞の原形)
     look + 形容詞(~)   ~のように見える
      lookのおまけ  look for ~   ~をさがす
                look at ~    ~を見る
                look in ~    ~をのぞいて見る
                look back ふり返って見る
                look after ~  ~の世話をする
     call A B    AをBと呼ぶ
     動詞(~) + 人 + もの   人にものを~する
       show 人 もの    人にものを見せる
       give 人 もの    人にものを与える、あげる、おくる
       buy 人 もの    人にものを買う(買ってあげる)
       teach 人 もの    人にもの(教科など)を教える
      tell  人 もの    人にもの(事柄)を話す、 教える
     これは2年生の1学期で習った文法です。
      一部でもよいのでしっかり覚えよう。
  
  2)  余裕のある人 Tool Boxや単語の覚えなおしも
     学力アップのなります。
  
  3)  もう少し余裕のある人は、長文を解いてみよう。
      ① 最初に (注) を読む。ヒントがある。
      ② 設問にさっと目を通す。
        すぐに解けるものはその場で解く。
      ③ 本文を読みながら解いていく。


数学 

  1)  先ず大問1は速く正確に説いて、全問正解をねらう。
      計算問題をバカにしてはいけません。
      全問、配点は2点です。
      大問1でしっかり点をもらおう。
      計算に自信のない人は練習をしておこう。
 
  2)  図形に関する式はしっかり覚えておこう。
      覚えておくとちょっと楽ができる式
      おうぎ形の面積 = 半径 × 弧の長さ ÷ 2
      円錐の側面積=母線x底面の半径×Π(パイ:円周率)
      円錐の側面積の中心角=底面の半径÷母線×360°
  
  3) 一次関数
      傾き = 変化の割合
      yの増加量 = 傾き × Xの増加量
  
  4)  資料の活用
      度数分布表から平均値、最頻値、中央値を計算する。
  
  5)  おまけ
      ① 1/2(2x + 3y) - 1/3(x - 5y)
② 1/2(2x + 3y) = 1/3(x - 5y)
      上の2つの式は別物です。
      ①は文字式。通分をして計算。
      ②は方程式。両辺に分母の最小公倍数をかけてもよい。
      式に = がついているかどうかで見分ける。


テストって嫌だよね。
でも、テストないとなかなか勉強できないじゃない。
学力アップのチャンスと考えよう。
  


Posted by あっこさん at 23:48 │コメントをする・見る(0)

2017年08月18日

夏休み、残り1/3の過ごし方

お盆も過ぎ、夏休みも残すところ2週間です。楽しい楽しい夏休みだった人。忙しくてパタパタしてるうちに夏休みが終わりかかっている人。 部活でヘロヘロになっている人。なかには、頑張って充実した夏休みにしている人、がいるかな。いろいろな人がいると思いますが、これからの2週間は残っている宿題の量で過ごし方が決まります。

1 ほとんど終わっている人
  よく頑張りました。
  残り2週間はご褒美です。
  好きに過ごしましょう。

2  何とかなりそうな人
   欲張って、計画を立てよう。
   10日間で終わらせよう。
   残りは好きなことして過ごそう。

3  何ともなりそうもない人
   先ず机の上をかたずけよう。
   次に机の上に宿題を全部だそう。
   その次に紙に宿題を書き出そう。
   べつの紙に残りの日付けを書こう。
   さあ、すぐ始めよう。
   兎に角やりやすいものから手を付けよう。
   借りられる物は、猫の手でも借りよう。
   脳みそフル回転で踏ん張ろう。
   夏休み中に何とかしてしまおう。
   この経験はあなたの人生の養分になります。
   健闘を祈る。

色々な過ごし方ありますが、夏の疲れは夏休み中に減らして新学期を迎えてほしいと思います。できるだけたくさん寝よう。できるだけたくさん眠っとこう。
   

  


Posted by あっこさん at 21:50 │コメントをする・見る(0)